台風時の休校について

 本校の『学則』(学校がその組織編成・教育課程・管理運営などについて定めた規則)では、 「第7条 校長が必要と認めたときは、休業日に授業を行い、又は、授業日に休業することができる。」 と定められています。また、学校教育法施行規則第63条には「非常変災その他急迫の事情があるときは、 校長は、臨時に授業を行わないことができる。」とされています。本校では、これらの規程に基づき 暴風警報発令時には臨時休業の措置がとられますが、他校とは違う点もありますのでよく確認して行動して下さい。

■ 臨時休業の措置

  1. 登校予定日の午前6時までに発令された暴風警報が、 午前6時を過ぎても引き続き解除されないと見込まれる時は、臨時休業にします。

  2. 登校予定日の午前6時までに暴風警報が発令されていなくても、 台風の接近により数時間内には暴風警報が発令されると見込まれる時は、臨時休業にします。

  3. 登校予定日の午前中には暴風警報が発令されないと見込まれる時は、 通常授業を実施し、暴風警報が発令された時点で臨時休業にします。但し、 下校の時間やスクールバスの発車時刻は、校時やスクールバスの運転手の招集などを勘案して決定します。

  4. 臨時休業になった場合は、暴風警報が解除されても終日臨時休業とします。

■ 学校への問い合わせについて

  1. 台風で本校が臨時休業になるかどうかは、前述の基準を参考にして、各自で判断して行動して下さい。

  2. テレビやラジオなどでは、「暴風警報により公立学校は臨時休校」と情報が流れますが、 暴風警報の中で本校が登校することはありませんから、「私立の本校は登校かも」と学校に問い合わせる必要はありません。

  3. 臨時休業かどうか、学校に問い合わせる必要がある場合は、登校予定日の午前6時以降 に学校に電話をすれば、留守番電話から臨時休業の決定の確認ができます。

■ 保護者緊急メール配信

メールアドレスを登録した保護者に対し、台風時に休校に関するメールを配信します。